Kazu Photo Note

<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

seaside of city

e0163776_21234194.jpg
いやーさすがに仕事が忙しい時は新撮はきつくなりました。古い写真で無理せず続けていきます。
by kazu_seaside | 2009-02-28 21:28 |

Moment 2

e0163776_904998.jpg

by kazu_seaside | 2009-02-26 09:01 |

思い出のキッチンスター☆その2 (高円寺)

e0163776_22354344.jpgキッチンスターの第2弾?
見る人が居ないと思ったら、スターさんに連絡が有るそうです。マスター喜んでいました。見る人も居るんですね〜 でも電話番号などは教えられないので、これで思い出にしたってください^^
ということで第二弾です。

e0163776_22361279.jpg
カウンターの中に大げさにいえば広さの3分の1は占めようかというような冷蔵庫が有りまして、その前にママさんがいつも何気なく花を置いてくれて、このアングルはいつも気にいっていました。白いホリゾントに淡くモノトーンのイメージはこの上ない癒しの時間ではあったのです。

e0163776_22364087.jpg口癖でCさんは良いよね〜指一本で食っていけるんだからネ。反論するにあまりバカバカしくてただ笑うだけでした。
嫁ともよく通ったのですが、過去の女性とのこともマスターは知り尽くしていて冗談まじりに『アノときの女性はねえええ』などと言われたときには冷や汗ものの時も有りました(笑)マスターの人徳で単なる冗談で終わったのですが、それも良い思い出になったのでした。

※キッチンスターは3年前くらいに閉店しています。今回、写真はマスターの許可を得ていません。自分も出ているからまッいいか〜
by kazu_seaside | 2009-02-24 23:12 | 高円寺

Seaside Blue

e0163776_12543191.jpg

by kazu_seaside | 2009-02-23 14:56 |

やすらぎの日 II

e0163776_9525822.jpg
e0163776_9533861.jpg

by kazu_seaside | 2009-02-22 09:55 | 風景

Green ease

e0163776_17311793.jpg

by kazu_seaside | 2009-02-20 17:31 | 風景

やすらぎの日

e0163776_13531640.jpg

by kazu_seaside | 2009-02-19 23:34 | 風景

西伊豆 紀行 後記

e0163776_135432.jpg戸田から土肥を過ぎるとまず恋人岬という景勝地があります。名前の通りにカップルが訪れる岬です。NHK朝ドラ『青春家族』の舞台になって人気に拍車がかかりました。やはり海と富士山とのコントラストに愛情をコラボレーションしてヒットした観光地でしょう。近くにある『究極のそば』というお店で蕎(メニューはもり蕎のみです)を昼食にして、今回は当てられてもつまらないので恋人岬はパス!しばらく走れば、次は黄金崎(こがね ざき)です。富士山がくっきりと見えればまた格別です。写真は黄金崎です。残念ながらこの日は気温の上昇もあって富士山はみれませんでした。観光地化された伊豆の中でも気兼ねすること無く訪れやすい所です。ぜひ一度おこしください。
e0163776_1341387.jpg



e0163776_1353620.jpg
西伊豆から南伊豆に抜ける道には彫刻がポツポツと置かれていて、いろいろな表情を見せてくれています。初めて車を降りてじっくりみると、こんな表情なのかと興味が増しました。いつからかは分かりませんが随分昔から有るみたいです。できたらこの彫刻を全部紹介する人が現れて欲しい思うのですが、お前がやれといわれれば何時かはしてみたいです。


e0163776_1361686.jpg
南伊豆は石廊崎が有名ですが、その手前に奥石廊と呼ばれる場所があります。むしろ中木に近いでしょう。
ここからの眺めは伊豆で一番の絶景といわれています。(Impressions)を撮影した場所です。今回は石廊崎の方に夕日ウオッチングをシフトしたので観れませんでしたが、夕日のおすすめスポットです。

e0163776_13183636.jpg石廊崎には灯台がありましてその先の突端に神社があります。縁結びの神と言われますが、自分にしてみれば恋人と訪れてその後別れが有りました。やはり神頼みは程々にということしょうか(笑)港の駐車場から歩いて十五分ぐらいの参道を歩いていきます。途中、港の景色も眺められてなかなか雰囲気も良いです。かつて有った植物園は閉園しています。
波はほぼ永遠に打ち返す。上の写真は今回撮影したもの、下のは●十年まえに或るコンテストで入選した写真です。表現の仕方は違いますが変わらない営みを続けています。きっとこれからもずっとです。こんな中に僕らの本当の意味が有るのかもしれませんね。
以上、つたない解説、写真でしたが西伊豆編はこれで終わりとします。
今度はホームグランドの東伊豆を紹介したいと思ってます。
多くのアクセスありがとうございました。
e0163776_1375718.jpg
by kazu_seaside | 2009-02-18 13:20 | 風景

Sunset

e0163776_20515499.jpg
旅の終わりは石廊崎の夕日です。夕日を観るスポットは狭くて何人も一緒でした。日中とはうってかわって強風と寒さが襲ってきました。時間があったのでジャズを聴きながらファインダーをずっとのぞきながら感動にしたっていました。気持ち良かった〜
気がついたら周りには誰もいなくなって、ただ風と波の音だけが残っていたのです。
e0163776_2054193.jpg

参道を下りてきたら石廊崎の入江はもう暗くなっていて、観光船とか小さな漁船とか静かに迎えてくれました。とても良い日だった003.gif
by kazu_seaside | 2009-02-17 20:56 | 風景

Way home

e0163776_131441.jpg
僕もそろそろ帰ろうと思います。068.gif
by kazu_seaside | 2009-02-17 13:04 |