Kazu Photo Note

<   2011年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

祈ります

カンボジアの人々は僧侶の方々に大変な敬意を持って接しています。
僧侶が近づくと少し緊張感が漂うのですが、
この場面では厳しい戒律を離れて普通の青年の顔にもどって、表情あふれ微笑ましいです。
日本の女性には独特な美しさがありますよね〜^^
e0163776_23173269.jpg

[アンコールワット]
by kazu_seaside | 2011-02-28 23:29

サンライズ ツアー

サンライズツアーに参加しました。まだ暗い中、
色々な国の人たちがいっぱい詰めかけてすごい賑わいです。
帰りの集合時間が一番良い時間帯だったので残念の一言。次回はツアーではなく一人で行くつもりです。

いろんな国の人が肩を寄せながら日の出を待ち望んでいます。
e0163776_151798.jpg


この時期には塔の右側から朝日が昇ってきます。
春、秋分の日には真ん中から昇るそうです。また来なければ。
e0163776_145847.jpg


[アンコールワット]

More
by kazu_seaside | 2011-02-28 01:10 | 風景

静寂の中へ

日は沈んでしまった。あれほど観光客で賑わっていたアンコールワットにも静寂が訪れる。
とうに運転手さんとの約束の時間を過ぎてしまったけど、もう少しこの時間を感じていたい。
e0163776_0101851.jpg


More
by kazu_seaside | 2011-02-27 00:19 | 風景

1ドルの重み

遺跡の出口とかで物売りの子供がつきまといます。
この子の売り物は絵はがき10枚1ドル、ブレスレット2個で1ドル。
土産にはちょうど良いと思いブレスレットを1ドルで購入。
ついでに『写真撮るよ』と2回ほどシャッターを切ったのですが、
微妙に嫌そうな顔をしながら縦に『いいよ』とうなずきました。
後でふと思ったのですが、きっと嫌だったんじゃないかと。
かといって撮影代でもう1ドルあげるというのはもっと嫌うだろうな。きっと。

日本のショッピングチャンネルで『お客様〜たったのワンコインですよ!』というけれど
ちょうど6ドルに換算すると、この子らにとっては大変な金額になるんだと思うと
1ドルの重みを感じぜずにはいられませんでした。
e0163776_2255224.jpg


ブレスレットと写真カード
by kazu_seaside | 2011-02-25 22:11 | 風景

もうじき雨は

通り雨のように雨足は弱くなっていった
空も徐々に明るくなってくる
そろそろ帰ろうか・・・

向こうの空が明るくなってきた
e0163776_20214831.jpg


算盤格子と僧侶
e0163776_2015974.jpg


去り行く僧侶
e0163776_20151791.jpg


アンコールワット
by kazu_seaside | 2011-02-24 20:26 | 風景

突然の雨

僕は願った
ここで雨がふってくれたら

かなわなければ
雨期に来る
突然に雨が
寺院をぬらした
これで想いが叶ったとは
おもわない

e0163776_2226398.jpg

e0163776_2226487.jpg

by kazu_seaside | 2011-02-23 22:31 | 風景

もうじき雨が

雲行きが怪しくなるアンコールワット
e0163776_081970.jpg

by kazu_seaside | 2011-02-23 00:13 | 風景

なぜ アンコールワット

6日間、行き帰りにほぼ2日かかったので正味4日間カンボジ、アシェリムアップを旅しました。
映画『花様年華』のラストシーンにアンコールワットの映像が流れます。なぜアンコールワットなのか理解に苦しむところですが、サントラ盤のCDの中に『アンコールワット』と言う組曲があります。
出だしには鳥のさえずりから入ります。
今回はただこの音に浸りたかったのです。第二回廊を抜けたスペースに日陰を見つけ、一人腰掛けて耳を澄ませば同じように、鳥のさえずりから音のない音楽が始まります♩〜♪♪♩♭。

IN THE MOOD FOR LOVE

Before in the old days
when people had secrets they
didn't want to share
They'd climb a mountain
and find a tree
Carve a hole in the tree and
whisper the secret into the tree
and cover the hole with mud
that way, no one would ever
discover the secret

むかし大事な秘密を抱えている者は
山に登り大木を見つけて
幹に穴を掘りそこに秘密をささやいて
その穴を土で埋めた
それからは永遠に誰にも
その秘密は知られることは無かった
e0163776_2124645.jpg

e0163776_21241459.jpg

花様年華より


黎明の西門
e0163776_21125968.jpg


見つけた穴
e0163776_21142869.jpg


囁いてみる
e0163776_041743.jpg


(ださーーー)
自分の秘密など結局は取るに足らない物だと気がつきました。
でもせっかくだから、ちょっとした秘密を囁いてみたのです。
その穴を土で埋めたら警備員に捕まるので止めました。


※あまりに画像が多いので、意味合い無く流していきます。
そのうちまとめて、ほったらかしのホームページを改修することにいたします。
by kazu_seaside | 2011-02-22 21:48 | 風景

水への誘い

モノクロームの沈黙の世界があると思えば、
このように色彩豊かな世界も現れる。
まことに江戸の水路は興味が尽きない。
e0163776_20532275.jpg

e0163776_20533118.jpg

※明日から1週間、カンボジア旅行に行きますので更新は来週になります。
今回は一人旅。不安もあるけど希望の方が強いかな(∩.∩)
by kazu_seaside | 2011-02-16 20:59 | 水路

おちつく場所

なぜかこの風景をみると懐かしくなる。
普通ならアンバランスな高速道路と水路とのブレンドが不思議と自分には合ってるみたい。
もちろん休日の事なのですが・・・・
日本橋を磨き上げたと言うニュースを見て、久しぶりに訪れてみたのです。
e0163776_22144159.jpg

by kazu_seaside | 2011-02-15 22:16 | 水路