Kazu Photo Note

<   2013年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

曇りの新宿御苑

2週間ぶりの新宿御苑は随分と変わっていました。
あいにくの天気で鈍い光が回っていましたが、こんな感じの色調も良いかもしれないと、あえて青かぶりを消しませんでした。
e0163776_0164272.jpg

by kazu_seaside | 2013-03-30 00:17 | 風景

『宮崎学 自然の鉛筆』

まだ本調子では無いのですが、あまり寝ていてもしょうがないので三島のIZU PHOTO MUSEUMで『宮崎学 自然の鉛筆を見に行ってきました。信じられない長野の動物世界を写し取っています。『梟』『けもの道』『死』は理屈抜きで素晴らしかったです。帰りに正月ゴルフの時に、売り切れゴメンで食べる事が出来なかった、桜屋の鰻重を食べました。安政3年から続く老舗なのですが[食べログ]評価★3.5は肯けるような気もしました。

PHOTO MUSEUMの入り口
e0163776_23362870.jpg



写り込みが微妙に面白い、扉越しの出口
e0163776_23363614.jpg


不思議空間の芝生と壁画
e0163776_23364551.jpg

by kazu_seaside | 2013-03-28 23:40 | 写真

モルジブでの苦闘

モルジブで3日目から発熱、残りの4日間は頭痛、関節痛がひどくてベットで寝て過ごしました。帰りの飛行機では、寒さと気圧の変化の関係で巡航高度に達するまでの間の関節痛は今までに味わった事がない激痛でした。何度も減圧症を考えましたが時間経過からして違う。本日精密検査の結果、ただの風邪と判明。ホッとした所です。
写真はダイビングの帰りのボートのスクリュー『波』、2枚目は『握手』ボートから降りる時に乗員が手を差し伸べてくれたシーン。何となくホノボノ。モルジブ写真は後日まとめますが、ここで終わってしまったのかもしれません。
食事は果物、パンとドリンクで繋ぎ早めの退席、トワイライトBeerも一緒に出来ず、何よりも楽園に来て隣に病人がいたら楽しさも減らしてしまいました。
e0163776_19211185.jpg

e0163776_19221184.jpg

by kazu_seaside | 2013-03-26 19:23 |

ハクモクレン 新宿御苑

昨日の新宿御苑です。ハクモクレンが満開な状態でした。平日に芝生でのんびりと寝るのも悪くないです。意外にも狙っていた枝垂れ桜が2分咲きぐらいに開花しだしました。

明日からモルジブへ行って来ます。自分は2度目なので楽しみです。前回を踏まえて色々、実験などもしてみたいです。
e0163776_1872922.jpg

e0163776_1874812.jpg

by kazu_seaside | 2013-03-16 18:12 | 風景

キャパ展に思う

キャパ展に行って来ました。先日は閉館時に行ったのでリベンジと言う事になります。ロバートキャパと言っても自分自身もそれ程の感心も知識も無いのですが、たぶん今回位の規模での写真展はもう無いだろうと思いじっくりと見てきました。PART I, IIを合わせて相当数の枚数があったのでかなり疲れました。前半はゲルダ・タロー後半はキャパという構成で興味深い。タローの作品には女性特有な繊細さが溢れて、カメラがローライと言うことも有ってかなり決まったローアングルの構図でした。でもキャパというくくりで感想を述べるとすると、やはり印象に残った衝撃的な映像は『倒れ込む兵士』『ノルマンディ』ではないでしょうか。戦場カメラマンとしての地位名声を不動のものにした作品である事は間違いのない事なのです。重森弘淹先生が言われた「捕獲者のカメラアイ」まさに、そのものであるように思いました。しかしながら戦争のドンパチ場面、悲惨な場面は意外にも少ないのです。広報活動としての意味合いが強く『倒れ込む兵士』に至っては偽場面とする節が体勢をしめています。どうも戦場カメラマンキャパと名は作られたキャラクターのような気がしてくるのでした。この展覧会に来たいと思った理由に先に六本木富士フォトサロンでマグナム展を観たと言う事がありました。自分の描いていたキャパ像とは違っていたのです。今回の展覧会を観て『ノルマンディ』以降の写真は思い描いていた作品とは明らかに違っているのです。戦場での死を意識した場面を乗り越えたリアリズムがまさに開花した作品のような気がしました。特にイスラエルでの作品は圧巻です。もし、行かれるような事が有れば参考に観ていただけたらと思います。だらだらと勝手な事を申しました(__;)


※写真は展覧会場、横浜美術館の前で撮ったものです。平和とは熟々ありがたいものだと思います。
e0163776_21392012.jpg

by kazu_seaside | 2013-03-15 21:46 | 写真

11月〜3月

しつこいようですが、連貼りです。紅葉から春の芽吹きまで。
雪と桜もあるし、だから何だと言われても困るけど、まあ好きなんでしょうね・・・
e0163776_1102895.jpg

e0163776_1103497.jpg

by kazu_seaside | 2013-03-14 01:11 | 風景

9月〜3月

季節は半分過ぎ去るけれど、変わらないものだって有りますよね。
この石の灯籠を中心として観てみると全ては変わってしまいます。大きな流では政権が変わって、誰かが亡くなって、誰かが新しい命をはぐくむとか・・・・これだって何時無くなるかもしれないと思うと生命というものを感じてしまいます。アデニンなるものを。
e0163776_19202567.jpg

e0163776_19203489.jpg

by kazu_seaside | 2013-03-12 19:22 | 風景

水の光

マスク、薬、準備OKで水辺へ。
水の魅力は変わらずに有る。早めに切り上げて帰りました。
e0163776_20455964.jpg


More
by kazu_seaside | 2013-03-10 20:46 | 水路

黄砂?

本日2時頃の副都心の空。黄砂、PM2.5かな? と思ったら埃が舞い上がったらしいのですが、花粉症の僕はグシュンクシュンポタポタ・・・。゜゚(>ヘ<)゚ ゜。
明日は寒いらしいですね。
e0163776_20361585.jpg

by kazu_seaside | 2013-03-10 20:37 | 高円寺

神田川春景

先日撮影した時には2分咲きでしたが、ほぼ満開になりました。梅は見頃ですね。
e0163776_23103768.jpg

by kazu_seaside | 2013-03-04 23:11 | 水路